FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Part21 城塞都市ヤードー




[制限内容]-か~え~る~の~大 合 唱 っ !-
・マラークはカエルを巻き込んでファイア系で倒す
・聖剣技禁止
・Rアビ禁止
・城壁の内側だけで戦う
 ※城壁上はNG

試行回数:4回
戦闘時間:約1時間10分


[レポート]↓続きを読むから

1.作戦概要

壁 越 し カ エ ル 量 産 作 戦
~あれ?壁の向こうからカエルの鳴き声が聞こえるよ?~


2.編成

2-1.状態異常特化タイプ

ラムザとフラニー。
黒魔法(トード)と多彩な陰陽術でこちらに有利な戦況を作り出す。

成功率UPのため装備は魔法AT特化。
さらに本気を出すなら
サポートアビリティを魔法攻撃力UPにしても良かったかな。、


2-2.総合支援タイプ

アグ。
陰陽術による敵妨害と、
白魔法による味方補助で支援に専念する。


2-3.遊撃タイプ

バークレー。
基本手持ちぶさたになるけど、
ちょいちょいと良い仕事をする。
縁の下の力持ち。

JPがほしかったから竜騎士にしたけど、
本来は魔道士でよかった。


2-4.俺らにできないことを平然とやってのけるムスタさん

壁再挑戦。
敵はこちらの石像を通過することができないので、
動画の位置で石化してやれば文字通り壁になる。

その背中は漢たるを雄弁に語っていた・・・


暗黒の鬼畜王と被っててワロタ。


3.戦闘

3-1.基本

トードでカエルにしちゃえばそのユニットはそれで無力化できる。
最終的に狙うのはお供全員をカエル化。

ただトードの成功率は高くないので、
闇雲に狙ってもダメ。

他の状態異常で敵を弱体化しつつ、
トードを打ちやすい状況を作っていくのがポイント。


3-2.百八の数珠

カエル耐性を付加するアクセサリ。
大抵忍者の内の一人が持っている。

盗めばいいけど盗める状態に持っていくのが難しい。
基本最後に回すことになるから、
それまでは他の状態異常を駆使しつつ戦う。


3-3.Jump5以上

ムスタの犠牲が無駄になる瞬間。
門の脇の壁を越えられるようになる。

大抵敵忍者の内の誰かがスパイクシューズを装備していたり、
ムーブアビリティにJump+1を付けていたりする。

一回2人壁を越えてきたことがあった。

もし百八の数珠を装備した奴が越えてきたらと思うと、
正直ゾッとしない。

こちらに切り込んでくるので、
早めに対処しておきたい。


3-4.召喚士

トードを打ちやすい状況作りのために欠かせないのが、
召喚士への対策。

一発でカエルにできればそれが一番だけど、
最初に言ったように
失敗した場合のリスクが大きい中でそれをするのはただのギャンブル。

リスクを減らす戦略を考える。

といっても沈黙にさせてしまえばそれでいいわけだから、
大上段に構えて言うほどの戦略なんてないわけだけど。


3-5.魔法のリング

戦略が必要になってくるのはむしろこっち。
魔法のリングで沈黙が効かない場合。
召喚士の片方がほぼ装備している。

これは動画内で言ったように、
MPを枯らしたり、
アクセサリを盗むことで対処する。

ムスタが最初にドンアクをしているのも、
実はこの一環。
召喚士の参戦を少しでも遅らせる。

動画で説明したことの繰り返しだけど、
今回の戦闘について、
各手段のコスト・成功率・効果を総合評価すると、

沈黙>MP吸収≧カエル>盗む・ドンアク・睡眠など

という感じで基本的な優先度が設定できる。

陰陽術はホントに多彩でおもしろい。


3-6.まさかの拳術

気孔術とチャクラ。
本当に予想GUYだった。

こっちは状態異常中心で攻めてるのに、
状態異常回復(気孔術)はないよ・・・OTL


まぁその分とっさの判断や賭けが必要になって、
おもしろかったと言えばおもしろかったけどねー。

相性や敵のフェイスが微妙だったのも
うp主が戦闘を楽しむって点では良かった。

動画的には魅せ場の減少、
グダグダ感とマイナスばっかだけども笑


4.3ミス

①ジャンプ・忍者足止めミス

9分当たり。
Jump6の忍者が城壁を越えてくる場面。

それまでバークレーで牽制しつつ
壁の向こうに押しとどめていたんだけど、
動かないと攻め込まれるって時点で焦ってジャンプミス。

思考としては、
通路を塞ぐ→バークレーが城壁上に移動
このままだと忍者に直接攻撃される→ジャンプで回避

⇒ジャンプ中だから壁にはなれず、
 忍者の侵攻を許してしまう。


②敵をエスナ

ムスタの石化を解除する場面。

完全な不注意、確認ミスで、釈明の余地なし。


③壁の上からファイラ

ラムザ→マラーク

同じく完全に不注意。
魅せプレイなら間違いなくリセットもの。

回避してくれてマラークGJ!


この回避がマラーク唯一の見せ場だったなんて・・・

余裕があればカエルを寝かせて
マラ棒で突かせるなんてこともできたんだけど、
ヒワイs
ヒマがなくて断念した。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

◆ぬこれす◆

>ローブ案さん

ご視聴ありがとうございますー。

壁を越えられる忍者は確かに厄介ですが、
(動画のようなミスに気をつけたうえで、)
陰陽術を以てすれば案外簡単に無力化できるんですよ。
不変不動集中砲火→その間にカエルでおkです。
二人壁を越えてきたパターンでも十分対応できました。
その他の敵をほぼ無視できるからこそできる芸当でしょうね。

面倒なのは動画内でも言ったように、
カエル耐性をもった忍者が越えてくるパターンですね。


Jumpは地味に重要なステータスですよね。
M5・J3にするよりも、
M・Jともに4の方が役に立つ場合も多いです。
プロフィール

柴猫

Author:柴猫
動画群
 
メアド
 nutyoshiba□yahoo.co.jp


つぶやいたなう
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。